未経験、異業種への転職

30代40代 未経験、異業種への転職は可能か!?


30代40代 未経験、異業種への転職は可能か!?

 

 

 

 

未経験、異業種への転職が心配。地方Uターン転職の秘訣は?

 

 

地方の出身地にUターンして転職したいという40代男性から下記のような相談がありました。

 

 

「地方に住む両親が体調を崩したため地元へUターンして転職したいと考えています。

 

以前からこのような状況を想定して資格を取るなど転職の準備はしてきたつもりだったのですが、

 

地方では思ったよりも職種が限られていることと40代という年齢のこともあり、なかなか上手くいきません。

 

未経験、異業種への転職という点もマイナスに評価されてしまっているようです。

 

地方の町村では求人自体が少ないので、正直、私のように40代では正社員での転職を諦めかけています。

 

地方で職を探す場合には、他にどんな方法があるでしょうか?」

 

 

 

地方へUターン転職を考えている人は近年増えてきています。

 

「地方」とひと口で言っても、政令指定都市などは求人数も多く、それほど転職に困ることはないようです。

 

しかし、人口が少ない各町村となると、この男性のように転職活動で思うようにいかないケースも出てきます。

 

特に、30代や40代で未経験の異業種に転職しようとする場合は尚更です。

 

 

 

その場合、正社員にこだわりすぎて転職が成功せず生活に窮してしまうよりは、思い切って雇用形態に

 

こだわらず仕事を探してみましょう。

 

昨今は正社員で就職できたとしても、必ずしも生活が安定するとは限りません。

 

周知のとおり、大手企業であっても業績の低迷により大規模なリストラを行ったり、倒産に至ってしまうケースもあり得る時代です。

 

確かに地方の雇用情勢は都会と比べて厳しい状況がありますが、正社員と遜色ない福利厚生が付いた

 

契約社員などの求人もありますので、自分が妥協できるラインを決めてねばり強く転職活動を続けてみましょう。

 

 

 

 

もう一つの方法は、自分で起業してみることです。これは未経験、異業種だろうとアイディアと努力次第で成功も可能です。

 

起業なんてハードルが高くて自分には無理だと最初から難色を示す方もいらっしゃいますが、私の知り合いで、

 

40代の頃「あえて地方都市で起業した」という人物がいます。

 

都市部では確かに需要が多いのですが、その分競争も激しく、独自性を打ち出していかないとすぐ埋没していまいます。

 

そこでその知人は、「地方だと需要は少ないが、いままで蓄積した経験を生かせるのは地方都市だ」と考え、

 

その地で人材紹介業を立ち上げました。

 

 

 

また、ある地方都市に出張した際、たまたま乗込んだタクシーの運転手さんは、タクシーの他に農業も兼業しており、

 

「米」をインターネットで販売する予定だと目を輝かせて話していました。

 

最近はインターネットやSNSの普及もあり、地方都市の特性を生かしたビジネスも次々生まれています。

 

そういう意味では都心と地方の格差はほとんど無くなってきているとも言える状況ですので、今までの固定観念に

 

とらわれず発送を柔軟にして様々な選択肢を探ってみて下さい。

 

 

 

しかし、それでもやっぱり不安だ。正社員としてきちんと就職したいという方も多いかもしれませんね。

 

 

その場合は転職サイトに登録して独りであれこれ悩むより、専門の転職エージェントに相談できる「転職エージェントサイト」に登録をしましょう。

 

 

エージェントが付くと、自分一人では発見できなかった優良案件をどんどん紹介してもらえます。

 

 

悩みすぎて自分ではどうしたらいいか分からないという人は、まず登録してみて、プロの意見を聞いてみることが必要です。

 

 

 

 

 

 

30代、派遣歴4年でも未経験の異業種へ転職できる?

 

 

前職の会社倒産を機に未経験、異業種への転職を目指し、実務経験を積むためと割り切って派遣社員として約4年勤めている
30代後半女性のCさん(仮名)。自分なりに目標をもって働いてきましたが、いよいよ正社員として転職活動を始めてみた
ところ、応募した企業から「年齢が高く、ここ数年派遣社員のみの経験では正社員は難しい」との理由で不採用の通知を
受け取ったそうです。

 

企業側としては、求めているポジションで採用するには年齢が高すぎるし、かと言って、これから指導して一人前に
するには時間がかかり過ぎるということだったのでしょうか。
Cさんとしてもスキル不足という理由ならば仕方がないと諦めることができたようですが、今回気になったのは、
「年齢が高く、派遣社員歴が長いので正社員は難しい」という企業側の理由です。多くの人材紹介会社では派遣社員を
「即戦力」として位置付けており、スキルの高さを謳って各企業に派遣しており、Cさん自身もそのような意識が強かった
ようです。
そのため、「派遣社員経験では力不足」として不合格となった事実を、どう受け止めてよいか分からず落ち込んでしまった
ようなのです。

 

 

これについては確かに不可解な不採用理由と言えるかもしれません。
人材紹介会社を経由しての選考であれば、一度担当者に詳しく確認してみてもよいかもしれません。
しかし、いずれにせよ、30代後半という年齢が高いのであれば、それ以上の方の転職は不可能ということになってしまいますが、
実際には同年代の方も多数、未経験異業種への転職に成功していますし、派遣社員経験者が正社員経験の長い方よりスキルが高いというケース
も多々あります。

 

そういう意味では、年齢と前職の雇用形態を判断材料として不採用にする企業でしたら、むしろ入社しなくてよかったと
言えるかもしれません。明らかなスキル不足など明確な理由なく不採用となったのであれば、あまり気にせず別の転職先を
探しましょう。もっと素晴らしい企業は他にたくさんあります。

 

 

転職エージェントの仕組みは、「採用が成立した後、採用した企業からエージェントへ費用が発生する」というものです。
ですので、採用する企業側が求める経験やスキルも一般の応募と比較してみると、より具体的で即戦力を求められることが
多いのが実状です。

 

転職エージェントを経るか否かによらず、30代・40代の転職では、未経験異業種への転職だとしても、
前職の経験や強みを明確にした上で、応募先企業で具体的に貢献できるポイントを示すことが重要です。
ですから前職の雇用形態を気になさるよりも、転職先で必要とされる人材だということをしっかりアピールできるよう
取り組んでいきましょう。

 

 

 

>> 転職・求人 人気ランキングを見てみる