転職・求人ランキング,ワークライフバランス

ワークライフバランスが取りやすい転職をするために

ワークライフバランスが取りやすい転職をするために

 

 

 

残業が多すぎてワークライフバランスが上手く保てない!など、

 

現在の職場に何らかの不満がある場合、隣の芝生が青く見えてしまうものです。

 

そのため、自分の進むべき道を見つけて仕事とプライベートを上手に両立して

 

いる人がうらやましいという話は転職市場でよく耳にします。

 

転職を考える場合、次こそはワークライフバランスを上手く取れる仕事を見つけたいですよね!

 

 

 

 

 

目次

 

 

1、ワークライフバランスを保ちながら長く続けられる職場に転職したい!

 

 

2、ワークライフバランスには、なぜ企業研究が必要なのか

 

 

3、「キャリアビジョンを描く」には、どうすればよいか

 

 

 

 

 

ワークライフバランスを保ちながら長く続けられる職場に転職したい!

 

 

 

転職を考える場合、次こそはワークライフバランスを上手く取れる仕事を見つけたいですよね!

 

そのために必要なことの一つは、「目先にとらわれず、将来なりたい自分を想像すること」です。

 

5年後の自分はどうなっていたいのか、よく考えてみてください。日々の仕事に追われていると、どうしても今の

 

苦しさや悩みにフォーカスしてしまい、先が見えない不安を感じて転職先を検討してしまいがちですが、

 

きちんと自分の将来像を描くことなく焦った転職をしても、また同様の結果になってしまう危険性があります。

 

 

 

 

あまりにも遠い将来だと自分でも漠然としたイメージしかできません。そのため、遠い将来ではなく5年先の自分

 

イメージした上で、そのために今やるべきことを考え、理想の自分に到達するためのプロセスを設計してみて下さい。

 

今のうちに、将来必要となりそうな知識や資格を得ておけば、転職後こういう風に生かせそうだといった計画もいいでしょう。

 

結婚のタイミングを図ったり、仕事とプライベートをどのくらいの割合で充実させたいのかといった、いわゆる

 

ワーク・ライフバランス」の観点も入れて将来を考えると、より具体的にやるべきことが見えてくるはずです。

 

 

 

 

 

とりあえず内定をもらうということがゴールではありません。自分が目指す将来像を実現するための転職をしましょう。

 

仕事やプライベートの充実についての価値観や考え方は人それぞれ違うはずです。大きな目標でなくても構いませんので、

 

入社時の労働条件や年収だけにとらわれず、なりたい自分に近づき、充実した毎日を送ることができる転職を目指しましょう。

 

 

 

⇒ 転職人気ランキングを見てみる

 

 

 

ワークライフバランスには、なぜ企業研究が必要なのか

 

 

 

企業のホームページやパンフレットで企業の情報を収集していますが、

 

これでいいのか不安です」という声を聞くことがあります。

 

確かに、それで得られる情報は非常に限定的であるため、それだけで

 

ワークライフバランスが保てる企業であるかどうかを判断することは難しく、

 

具体的な企業研究のやり方を教えて欲しいという要望をいただくことも分かります。

 

では、そもそもなぜ企業研究をしっかりやる必要があるのでしょうか?

 

 

 

 

 

転職先企業の採用担当者は、「なぜうちの会社に入社したいのか?

 

入社したらどのように能力を発揮してくれるだろうか?

 

といった観点で応募者を見極めようとしています。

 

そのため、転職を希望する際には、応募する企業の特徴と求められている

 

職務スキルについて十分な企業研究をする必要があるのです。

 

せっかく転職しても、思っていた職場ではなかったと落胆しないためにも、事前に十分調べておく必要があるでしょう。

 

 

 

 

 

まずはじめは、次の事項について具体的な情報を集めてみるといいでしょう。

 

 

 

扱っている商材」「提供しているサービスの内容

 

 

会社の将来性

 

 

経営方針や理念に共感できるか

 

 

 

 

実際の店舗がある企業であれば、面倒でも自分の足で訪れ、

 

社員が生き生きと仕事をしているかどうか見てみるのも有効です。

 

またはネットに書き込まれている口コミなどから社員のナマの声を拾ってみることです。

 

ただしネットの情報はそのまま鵜呑みにすることはできません。

 

その書き込みだけをもって「ブラック企業だ」と判断してしまうことは危険です。

 

 

 

 

先に書いた通り、企業の採用担当者は「なぜうちの企業を志望するのか

 

という理由を応募者に求めています。

 

企業研究を行い、取り扱う商材の特徴や、その企業ならではの独自性を理解し、

 

○○の理由があるからこそ貴社に入社したい!

 

という熱い思いを明確にしていきましょう。更に、企業のホームページだけでなく、

 

求人情報が記載されている募集記事で、その企業の特徴や求めている

 

人物像・業務スペックなどを理解した上で、これまで自分が培ってきた経験を

 

発揮できるかどうか整理して考えてみることも必要です。

 

 

 

 

 

これから長く働くのであれば、ブラック企業に転職してしまって失敗しないように、

 

事前にどのような企業なのか十分企業研究を行っていく必要があるでしょう。

 

 

 

⇒ 転職人気ランキングを見てみる

 

 

 

 

 

「キャリアビジョンを描く」には、どうすればよいか

 

 

 

セミナーなどの場で「キャリアビジョンを描きましょう」という話をすると、

 

やり方が分かりません」というお声をいただくことがあります。

 

キャリアビジョンを描く」といっても、具体的には何をどのようにすればよいかということが

 

いまいちピンとこない方も多いようです。

 

 

 

 

キャリアビジョン」と聞くと、やや大袈裟に聞こえるかもしれませんが、

 

あまり難しく考えすぎずに、まずは数年後の自分が目指すべき

 

方向性と捉えてみるとよいかもしれません。

 

ワークライフバランス」といっても、どの程度なら残業も許容できるのか、

 

どの部分はプライベート充実のために譲歩できないのかといったことを、

 

よく考えてみる必要があります。

 

 

 

 

 

これは何も転職活動に限ったことではありませんが、自分の目標を設定して

 

それを実現するために具体的な行動を計画していくことは重要です。

 

目指したい方向性(キャリアビジョン)」や「目標(キャリアゴール)」が

 

はっきりしていないと、行き当たりばったりで日々の仕事をこなすだけという

 

状態になってしまい、ワークライフバランスが上手く保てない危険性があります。

 

 

 

 

 

たとえば「自分はマーケティングの仕事がしたいんだ」と考えても、

 

転職先でいきなりマーケティングの業務に関わる仕事を任されることは難しいかもしれません。

 

まずは必要な統計の勉強をしたり、営業の最前線で自社商品の理解を深め、数年後は

 

また違う部署で実績を積むことで、ようやく自社商品のマーケティングに携わる・・・

 

というように、数年先の仕事のビジョンを描いてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

転職先でワークライフバランスを保ちながら仕事を行っていくに当たり、自分が描いた

 

キャリアビジョン通りには進まないこともありますが、その場合には適宜、軌道修正を

 

行っても構いません。大事なことは、常に目指す方向性を確認し、

 

そのために今やるべきことを考え、必要な準備をしながら実行に移していくことなのです。

 

 

 

 

 

⇒ 転職人気ランキングを見てみる