転職・求人ランキング

転職体験談をまとめてみた

 

転職体験談をまとめてみた

 

 

 

このページでは転職体験談をまとめてみました。

 

転職に失敗したと後悔している体験者の口コミから、

 

転職を成功させるために必要なポイントを読み取っていきましょう。

 

 

 

 

転職体験談1  〜 転職先で、思ったより活躍できず挫折 〜

 

 

 

成果次第では年収が上がると期待して転職したが、実際には思ったより活躍できず

 

年収は前職と変わらなかったので辞めたいと思っています。

 

(男性/30代/営業)

 

 

 

前職では派遣だったので正社員という形にこだわって転職した。

 

しかし自分の未熟な部分も多く、仕事についていけないことが続いて

 

鬱(うつ)っぽくなってしまい結局辞めることに。

 

(男性/30代/管理)

 

 

 

未経験OKということだったのでステップアップのため転職したが、経験がないため

 

失敗が続き人間関係が悪くなって職場にいずらくなったのが辞めたいと思った理由です。

 

(男性/40代/サービス)

 

 

 

 

キャリアカウンセラーからのアドバイス

 

 

自らの経験も考慮しながら、面接等で仕事の難易度を確認しよう

 

 

この事例は求められるスキルと自分のスキルとのギャップからくるケースです。

 

これを防ぐためには、企業・業界・仕事の内容について事前にリサーチをしっかり行う

 

ことが前提です。例えば営業職の場合、「ノルマはありますか?」とストレートに聞くことは

 

採用担当者の心象を悪くしますので、「前職ではこういったノルマがあり、○○の評価でした。

 

御社でのノルマの基準はどのようになっていますでしょうか?」、「新規開拓の営業について

 

御社のホームページではこのように記載がありましたが、いかがでしょうか?」というように、

 

自らの経験や考えを混ぜながら質問すると印象がよくなります。

 

 

 

 

転職してすぐ辞めることがないよう、退職理由となってしまいそうな点については入社前に

 

よく確認し、ミスマッチを防ぎましょう。

 

ただし、ミスマッチがあるから必ず転職すべきでないとも言い切れません。「どうしても入社したい」

 

という場合は、入社までに自分に不足している知識やスキルを身に付けられるよう勉強しましょう。

 

 

 

 

 

 

転職体験談2  〜 ワンマン社長、家族経営で、日々振り回される 〜

 

 

 

せっかく希望の職種で転職できたものの、いざ入社してみるとワンマン社長がおり社内の雰囲気が

 

すごく悪かった。離職率も高いことが分かり、正直すぐ辞めたいと思いました。

 

離職者の中には鬱(うつ)になって退職した人もいたようです。

 

(男性/30代/営業)

 

 

 

転職した先は社長がワンマンで、しかも家族経営だったので役員も一族の人間ばかり。

 

正直、自分のキャリアビジョンが見えず辞めたいと思った。2chでも情報が出てこなかったので、

 

安心していたが、転職に失敗したと思う。

 

(男性/30代/事務)

 

 

 

 

社長がワンマンで社内の雰囲気も悪く、社員同士もあまり協力的ではなかった。

 

社長はそれでも社内の様子に全く目を向けようとしなかったので転職後、

 

半年で辞めてしまいました。

 

(女性/40代/コンサルタント)

 

 

 

キャリアカウンセラーからのアドバイス

 

 

勇気を出して社長について聞いてみよう

 

 

中小企業の場合、会社を企業したワンマン社長がいるというのは往々にしてあること。

 

最終面接では社長自ら面接を行うことも珍しくないので、その機会に社長の人柄について

 

確認しておきましょう。もし社長面接がない場合には、他の面接官に対して社長の人柄や

 

社内の雰囲気を聞いてみるのもアリ。

 

当然、悪くは言わないと思いますが、言葉のニュアンスから、社員と社長の距離感がつかめたり、

 

社内の雰囲気が良いかどうか推し量ることができるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

転職体験談3  〜 労働条件は必ず確認しよう!面接で聞いた話の最終確認 〜

 

 

 

 

入社後、面接で聞いていた給与額と違っていた。想定していたより給与が低く生活が苦しくなったので、

 

正直すぐにでも辞めたいです。

 

(男性/30代/営業)

 

 

 

 

正社員への登用があると聞いていたが、実際に入社してみると、恐ろしくハードルが高いことを知った。

 

事前に知っていれば転職しなかったのに40代なので再就職も厳しい。

 

(男性/40代/サービス)

 

 

 

 

求人票に書いてある内容と入社後の待遇で大きく違うところがあり、年収も減ってしまった。

 

すぐ辞めたいが家族もいるので迷っています。

 

それが理由で辞めてしまう人もいるらしく離職率は高めです。

 

(男性/30代/医療・福祉)

 

 

 

 

 

キャリアカウンセラーからのアドバイス

 

 

労働条件通知書の確認は必須!

 

 

内定後には「労働条件通知書」の明示が法律で義務付けられています。

 

もし内定をもらっても書面の明示がなければ採用担当者に必ず確認しましょう。

 

上記のような失敗を防ぎ、すぐ辞めてしまわないためには、労働条件通知書のチェックが有効です。

 

通知書で勤務地や仕事内容、休暇、賃金、退職などについて確認することでミスマッチを防ぐ

 

ことができます。万が一、お互いの間で相違がある場合には、確認をすることは言うまでもありません。

 

もしそれに対して就職先から納得のいく回答が得られなければ、たとえ内定承諾後であっても

 

入社を辞退することはルール違反になりません。

 

入社後にストレスを抱えて辞めてしまうよりも、勇気を出して転職活動を再開し別の勤務先を

 

探した方が将来的に得策と言えます。

 

 

 

 

 

 

転職に失敗しないために、人気ランキングを見てみる

 

 

⇒ 人気ランキングを見てみる

 

 

 

 

 

このページでは転職体験談をまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?
失敗したと後悔している転職者の口コミから、転職を成功させるために必要なポイントを
読み取って自身の転職活動に活かしていきましょう。