自己分析で転職ライバルに差をつける方法

自己分析で転職ライバルに差をつける方法

 

 

 

転職活動で自己分析が大事!と分かっていても、

 

 

いざ書こうとすると、どのように書いたらいいか

 

 

迷ってしまうものですね。そこで今回は

 

 

「自己分析で転職ライバルに差をつける方法」

 

 

と題して、転職活動を成功させるための自己分析

 

 

方法を考えていきたいと思います。

 

 

 

 

目次

 

 

1、自己分析は何のためにするの?

 

 

2.自己分析のステップを紹介

 

 

3、応募書類や面接で活用できる自己分析の仕方

 

 

4、自己分析まとめ

 

 

 

 

 

 

1、自己分析は何のためにするの?

 

 

 

自己分析」という言葉は聞くけど、そもそも何を

 

 

すればいいの?という転職希望者もいるのではないでしょうか?

 

 

分かりそうで、よく分からないのが「自己分析」です。

 

 

そこで、ここでは次のように定義したいと思います。

 

 

 

自己分析

 

 

自分の仕事選びの軸を明確にするため、自分のことを採用

 

 

担当者に分かりやすく説明するために重要なもの。

 

 

 

 

例えば、志望動機を書かなければならないとき、「貴社の

 

 

○○という理念に惹かれたからです」、「貴社の○○という

 

 

社風に魅力を感じました」と書く人をよく見かけますが、

 

 

なぜ惹かれたのか、魅力を感じたのか」というところまで

 

 

書かないと、採用担当者には響きません。理由がはっきり

 

 

しないと、担当者としても「この人はうちの会社で何を

 

 

したいのだろう?」と応募者を判断しにくいからです。

 

 

そこで、この「なぜ」を明確にするために、自分という人間

 

 

は何に価値を感じているのか、何を大事にしたいと考えて

 

 

いるのか、ということが大切になってきます。

 

 

自分の価値観に合う企業を選ぶため、あるいは採用担当者に

 

 

自分の考えを明確に伝えるためにも、予めしっかりと自己分析を

 

 

しておく必要があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

2.自己分析のステップを紹介

 

 

 

一般的に、「自己分析をする」というとき、生まれてから現在までを

 

 

順に振り返り、一生懸命に打ち込んだことや楽しかったと感じたこと、

 

 

挫折したこと、どういう考えで進路を選択してきたのか、といった

 

 

様々なエピソードを並べるだけになってしまっている人も多く見受け

 

 

られます。しかし、それだけでは十分と言えません。今回は転職

 

 

エージェントの担当者が実際にアドバイスしている方法をご紹介します。

 

 

 

 

【ステップ1】 「なぜ?なぜ?」と深堀してみる

 

 

・「頑張ったこと」「楽しかったこと」「大変だったこと」など、

 

 テーマを1つ決めましょう。

 

 

※「頑張ったこと」を選定した場合

 

 今までの人生の中で「頑張ったこと」を様々なシーンで振り返り、

 

 挙げてみる。

 

 

 (例)・部活のテニスで練習を頑張った

 

    ・志望校に合格するため受験勉強を頑張った

 

    ・大学のゼミで発表するため論文作成を頑張った

 

    ・現職では冷凍食品の品質管理業務を頑張った

 

 

 

・その中で、一つひとつを「なぜ?」と、どんどん掘り下げてみる。

 

 

 その過程であなたが何を大事にしているのか、何に価値を感じて

 

 

 いるのかが見えてきます。

 

 

 

 

(例)現職では冷凍食品の品質管理業務を頑張った

 

        ↓(なぜ頑張れた?)

 

   一緒に働く仲の良い同僚がたくさんいたから

 

        ↓(なぜ同僚がいると頑張れた?)

 

   仲が良かったので仕事に行くのが楽しかったから

 

        ↓(なぜ仲がいいと楽しくなる?)

 

   みんなで協力し合って仕事ができるから
   忙しくてもフォローし合えるから

 

        ↓(なぜ協力し合える状態がいいと思う?)

 

   みんなで一致団結して頑張るのが好きだから

 

        ↓(なぜ、それが好き?)

 

   みんなの力を合わせれば、一人ではできない
   ことが成し遂げられるから

 

 

 

 

以上のように掘り下げていくと、ここからは「一緒に働く

 

 

人を大事にしたい」、「仲間と一致団結して大きな目標を

 

 

達成したい」といった自分の価値観が見えてきます。

 

 

できれば1つの「頑張ったこと」に対して、10回ぐらい

 

 

「なぜ」を繰り返すと良いでしょう。

 

 

「頑張った」エピソードの中にも、掘り下げやすいもの、

 

 

掘り下げにくいものがあると思いますが、掘り下げやすい

 

 

と感じたものは、自分にとって印象的だった可能性が高く、

 

 

応募先の企業に熱意や思いを伝えるには、そのようなエピソード

 

 

を選んで深堀してみるといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、応募書類や面接で活用できる自己分析の仕方

 

 

・自己分析を通して「自分が大事にしていること」や「自分が大事に

 

 

している価値観」に気付くことで「仕事選びの軸」ができます。

 

 

 

 

 

例えば、あなたが自己のエピソードを深堀していった結果、

 

 

「一緒に働く人を大事にしたい」、「仲間と一致団結して大きな目標を

 

 

達成するのが好き」という「軸」に気付けたのであれば、転職先を

 

 

検討する中で、そういった項目を重点的にチェックしようと思えるようになり、

 

 

企業選びもスムーズになるでしょう。そして自己分析結果とその企業の

 

 

特徴との間に共通点を見出せれば、それを志望動機としてまとめてみて

 

 

下さい。この「共通点」こそが、「貴社に魅力を感じた理由」となるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

考え方の例

 

 

・自己分析結果

 

 

>一緒に働く人を大事にしたい

 

>仲が良くアットホームな中でも、互いに刺激し合い高め合えるのが理想

 

>仲間と一致団結して大きな目標を達成するのが好き

 

 

 

・企業の特徴との「共通点」

 

 

>「社員は宝、人は財産」が社長の考え

 

>チームワークを重視。営業体制も「チーム制で一人ひとりの強みを生かす」方針

 

>社内イベントが多く、和気あいあいとした雰囲気。社員同士の仲がいい

 

 

 

これを組み合わせて志望動機をまとめてみると、採用担当者から見て

 

 

魅力あるものとなるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4、自己分析まとめ

 

 

 

自分のことは自分が一番よく分かっていると思っていても、自分自身で気が付いていない

 

 

潜在的な価値観」が誰にでもあるものです。自己分析を進める過程で、自分は意外と

 

 

こんなことに価値観を置いていたんだなと驚くという転職希望者は多いようです。

 

 

この機会に、ぜひ自分自身とじっくり向き合う時間を持ってみましょう。自分の価値観に

 

 

合うぴったりな企業に出会えるはずです。

 

 

 

 

 

 

⇒ 人気の転職エージェントを見てみる